スタッフ紹介(白藤善啓)
司法書士法人おおさか法務事務所
スタッフ紹介
HOME > スタッフ紹介 > スタッフ紹介(白藤善啓)

司法書士法人 おおさか法務事務所
<本町オフィス>
〒541-0056
大阪市中央区久太郎町2-5-28
久太郎町恒和ビル4F
(地下鉄本町・堺筋本町駅徒歩3分)
<八尾オフィス>
〒581-0003
大阪府八尾市本町2-12-4
(八尾市役所徒歩2分)
<西宮オフィス>
〒662-0911
兵庫県西宮市池田町3-3-3F
(西宮市役所徒歩3分)
<麹町オフィス>
〒102-0085
東京都千代田区六番町13-4-2F
(JR四ツ谷駅徒歩2分)
<後見センター>
〒541-0054
大阪市中央区南本町1-2-6
ブルームビル3F
(地下鉄堺筋本町駅徒歩2分)
メールでのご相談・お問い合わせはこちら
最新著書紹介
司法書士は見た!実録相続トラブル
一番もめるのは、遺産2000万円くらい 日経電子版の人気連載を書籍化! 司法書士は見た!実録相続トラブル
相続争いは「お金持ち」だけの話ではない。誰にでもおこりうる、日常生活に潜むさまざまな相続トラブルへの対処法を、敏腕司法書士が「現場の生の情報」に基づいてやさしく解説!
金融機関専門 担保実務サービス
高齢者福祉専門 貢献手続サポート
企業・法人の手続き
個人の手続き
個人情報を大切に保護しています
個人情報について、適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者として、第三者機関の公正な審査による認定などを取得してきました。

司法書士事務所としての守秘義務とともに、お客様のプライバシー保護に全力で努めてまいります。
環境への取り組み
みんなでシェアして、低炭素社会へ。
司法書士法人おおさか法務事務所は、低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーンである「Fun to Share」の趣旨に賛同し、企業・団体登録を行って活動しています。
働きやすい社会へ
女性や子どものいる人だけでなく、みんなが働きやすい社会を目指す
司法書士法人おおさか法務事務所は、女性や子どものいる人だけでなく、みんなが働きやすい社会を目指す「Woman will Google」の趣旨に賛同し、サポーター登録を行って活動しています。
お客様を驚かせる
プラスアルファのサービスがしたい
 
白藤 善啓(しらふじ よしひろ)
業務部
司法書士(兵庫第1999号)
簡易訴訟代理等関係業務認定(第612334号)
行政書士 ファイナンシャルプランニング技能士

六甲高校、立命館大学法学部卒業。
中学高校はサッカー部、大学では競技ダンス部に所属、練習に励んだ。卒業後、税理士事務所に勤務中に司法書士試験に合格し、転職して司法書士としてのキャリアをスタートさせる。

<専門分野>
不動産登記
相続・遺産整理
成年後見 
 
出身地 兵庫県西宮市
趣味・特技 ・草野球
・読書(小説を読み、映像化された映画を見るのが好き)
・阪神タイガースの応援
・腹筋
好きな言葉 「人間万事塞翁が馬」

目の前のことで一喜一憂するだけではなく、毎日少しずつ進化していきたいと思っています。 
尊敬する人物

生まれたときから弟である私に対しやさしく接してくれてきたのと同時に、ずっとライバルの関係にあると思っています。人を老若男女、区別することなく接する人柄が非常に素晴らしく、ひそかに尊敬しています。いつの日か兄を超えるような人間になるべく、日々精進していきたいと思っています。
好きな音楽・映画など <好きな音楽>
Mr.Children
アンパンマンのマーチ
(息子と休みの日はずっとDVD鑑賞をしています。)

<好きな映画>
ジブリ作品全般
『フォレストガンプ』 
この仕事を選んだきっかけ 大学時、法学部であったこともあり、ずっと法律系の仕事に就き、業としたいと考えておりました。卒業後の進路を考えたとき、友人に司法書士になるものがおらず、自分がなることで身近な友人たちの何か力になれ、ずっと友人たちとのつながりを維持できる手段となるかもしれないと考えたのがきっかけかも知れません。
仕事上で心がけていること 司法書士の業務内容は、手続き的な側面も少なくありません。ミスのない完全な仕事を完了させることはもちろんのこと、ご依頼いただいたお客様をより驚かせるようなプラスアルファのサービスが出来るよう心がけております。
お客様へのメッセージ どうもはじめまして、白藤と申します。
この度は弊社のホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

司法書士の仕事は、不動産、会社関係の業務から個人のお客様の相続、認知症の高齢者などの方の財産管理業務である後見業務と非常に多岐にわたり、求められる知識専門性も非常に高度なものが要求されるよう変化してきております。

今後、超高齢化社会を迎えるにあたり、司法書士は間違いなく社会の中で一翼を担うものと自覚しております。また、国内だけではなく海外の情勢にも目を向け、広い視野で業務にあたらなければ、今後社会の中で勝負していけないのではないかという危機感も非常に強く持っております。 士業は現在、過渡期を迎えており、専門的な知識が求められることもさることながら、より、お客様目線に立ったホスピタリティーが一層求められていると感じています。

お客様の満足度100%を達成することは簡単ではないと思いますが、ご依頼いただいた方皆様に何か心に留めていただけるような、安心していただけるような業務を心がけて日々業務に邁進して参ります。

よろしくお願い致します。
「依頼して良かった」の実現を目指しています
Copyright © 司法書士法人 おおさか法務事務所. All Rights Reserved.