このページの先頭です

経営理念・行動指針

企業理念 五方よし 「相手よし、自分よし、将来よし、昔よし、世間よし」

私たち、おおさか法務事務所は、顧客にとっての「よりどころ」 でありたい。

そのためには、各人が「プロフェッショナル」でなければならない。
私たちの考えるプロフェッショナルとは、顧客がもつ問題に対し、法律を軸としながらも、
自在の視座と多様な視点からその解決に臨むことができる存在である。
また、私たちは【豊かなコミュニケーション能力】をもち合わせていなければならない。
単に提供するサービスの品質が高いだけでは片落ちであり、
顧客が共感のもてるような表現能力や感性を備えていなければならない。

私たちの顧客に対する責任は、このプロフェッショナル性とコミュニケーション能力を通じて、
真の顧客の心の平静と安寧を実現することである。
私たちの考える「相手よし」はこうでありたい。

私たち、おおさか法務事務所は、所員にとっての「いい会社」でありたい。

所員が、互いに尊重し、互いに協力し、
互いに切磋琢磨することで得られる成長を喜びとできる個性豊かな集団でありたい。
各人が個性を活かしあって付加価値を最大化する「協奏」を目指したい。
そして、働く環境が清潔で、整理整頓され、快適さを備えた「心地よい職場」を実現しなければならない。
また、所員が家族に対する責任を果たすことができるよう、できるかぎりの配慮をしなければならない。
そのために管理者は有能でなければならない。

私たちの考える「自分よし」はこうでありたい。

行動指針

  • 1 いつもいいサービスをする
  • 2 質の高さを守れる量の仕事をする
  • 3 定価販売を心がけ、値引きしない
  • 4 お客様の立場に立った商品づくりとサービスを心がける
  • 5 きれいな職場づくりときれいな身なり
  • 6 成果物はセンスよく、上品に
  • 7 社会の役に立つよう意識する
  • 8 外注先、提携先を大切にする
  • 9 経営理念を全員が理解し、企業イメージを高める
  • 10 以上を確実に実行し、継続する

お問い合わせ

オンライン相談