このページの先頭です

司法書士法人 おおさか法務事務所

COLUMNコラム

本文へジャンプします。

おおさか法務は見た!
実録コラム百科

ここから本文です

取得条項付株式を応用した強制的な株式の転換

企業法務

2009.06.12

取得条項付株式   【強制的な株式の転換における応用】     先に従業員株主における対策で『取得条項付株式』の利用を挙げました。この『取得条項付株式』は、買取の対価を工夫すること……

取得条項付株式の導入と手続きの流れ

企業法務

2009.05.28

*取得条項付株式   【従業員株主におけるリスクへの対策】     自社の株式を従業員に割り当てている会社は少なくありません。従業員にとって、自社の株主となることは、これから自社の業績が伸び……

取締役1名の会社のリスク

企業法務

2009.05.14

会社法が施行される平成18年5月1日以前には、株式会社は取締役会及び監査役を置くことが義務付けられていました。したがって、会社法の施行以前は少なくとも取締役3名監査役1名を会社に置かなければなりません……

株式の相続

企業法務相続

2009.05.07

突然ですが問題です。 株式会社Z社(発行済株式総数 1,000株)という会社があり、株式をAさんが1,000株持っているとします。このケースで、Aさんが亡くなり、相続人が長男Bさん、次男Cさんであっ……

医療法人が定期的に行わなければならない登記手続

企業法務

2009.01.26

平成19年4月に医療法が改正され、しばらくの期間が経過しました。改正当時は、改正医療法に即した定款変更が平成20年3月までという期限付きで義務付けられていたので、慌しく手続をされた医療法人の関係者の方……

新公益法人制度の留意点

その他

2008.12.01

明治29年以来、手がつけられて来なかった公益法人制度が改革されます。平成20年12月1日をもって「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」を始めとする公益法人改革三法が施行されます。営利法人である株……

中間法人法の廃止について

企業法務

2008.12.01

「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」(一般社団・財団法人法)が平成20年6月2日に成立し、平成20年12月1日に施行されました。これに伴い、中間法人法が廃止され、既存の中間法人は,一般社団・財……

株主の所在がわからない株式をどうしたらいい?

企業法務

2008.11.11

株主の所在がわからなくなってしまっていることはありませんか?   突然思わぬ株主が現れて、株式の買取りの請求や、株主総会での議決権を行使されてしまうと、会社の経営の安定が害されてしまいます。ま……

サブプライム問題

2008.11.06

長かった米大統領選が終わり、オバマ大統領が誕生することになりました。各国のメディアは同氏に祝意を表し、8年にわたるブッシュ政権が終わることを歓迎する論調が目立っています。泥沼のイラク戦争やそれに伴う同……

種類株式のリスク管理における利用

企業法務

2008.10.11

会社法が施行されて、ある程度の期間が経過しました。法律が変わった当時はあまり資料がなく、どう変わったかなどは多くの書籍で知ることができたものの、具体的な活用方法についてはあまり明らかにされていませんで……

お問い合わせ

オンライン相談